看護部紹介

看護部長ごあいさつ

はじめまして、帰巖会 看護部長の小栗明美と申します。

帰巖会は地域の皆様の、住まい・医療・介護・予防・生活支援を包括的に提供する社会医療法人です。
2025年の超高齢化社会を迎えるにあたって、国は医療機能に応じた病床の機能分化の推進と円滑な退院支援、医療依存度の高い患者に対する在宅療養の継続に資する訪問看護など入院から在宅への誘導に重点を置いています。

医療・看護は病院完結型から地域完結型に変わってきています。
これからのキーワードは地域です。
帰巖会はまさにその方針に沿って先進的に取り組んでいる施設です。

私たち看護部は地域の方々が、住み慣れた場所で、安心して受けられる医療(看護)や介護を提供し、住み慣れた場所で生を全うできるよう心をつくして支援していきたいと思っております。

患者さんや利用者の皆様と、働く看護職員等が共に満足する質の高い看護・介護を実践するために看護職員の育成に力をいれ、教育体制を整え、組織を上げて支援していきます。

皆さん一度見学にいらっしゃいませんか。

看護部の理念・基本方針

看護部の理念

私たちは、個人を尊重し、やさしく思いやりのある
看護・介護を提供します

看護部の基本方針

1.職業人として責任をはたせる看護・介護を提供する
2.個別性に配慮した安全で安心した生活サービスを提供する
3.地域連携を図り、多職種と協働し、生活者の視点に立った看護・介護を提供する
4.看護・介護の専門性を高め、自己の能力開発を行う
5.やりがいのある働きやすい看護部を目指す

勤務体制

勤務体制は2交替制勤務です。

夜勤 16:30~9:00
日勤 8:30~17:30
育児短縮時間勤務 希望に応じて6時間~7時間30分 最長小学校入学前まで
短時間正職員 6時間~
その他 希望に応じて多様な勤務体制可能

夜勤体制

急性期病棟 看護職員3人 看護補助者1人(週5日)
回復期病棟 看護職員2人

看護体制

看護方式

看護部は受持ち看護方式を採用しています。
看護師は1人または複数の患者を入院から退院まで受持ち、看護過程に沿って患者の療養上の世話、診療の補助業務を行います。
受持ち看護師が不在の場合は、受持ち看護師が立案した看護計画をもとに、その日の受け持ち看護師が看護します。

看護単位:3単位

外来 月曜日~土曜日診療
診療科 総合診療・内科・消化器内科・脳神経外科・循環器内科・呼吸器内科・肝臓内科・外科・消化器外科・大腸肛門外科・整形外科・神経 内科・糖尿病内科・腎臓内科・泌尿器科・歯科・ものわすれ外来・禁煙外来
急性期病棟(A棟) 39床
地域包括ケア病床(A棟) 6床
回復期リハビリテーション病棟(B棟) 25床

診療報酬体系上の看護体制(平成29年4月現在)

入院基本料 一般病棟入院基本料 7対1
地域包括ケア病棟入院料1  13対1
回復期リハビリテーション病棟入院料1  13対1
特定入院料 急性期看護補助体制加算 25対1
急性期看護補助体制加算 夜間50対1
夜間看護体制加算
回復期看護補助体制加算 25対1

奨学金支度制度

インターンシップ・病院見学

福利厚生

採用情報