1. 社会医療法人帰巖会>
  2. 看護部>
  3. 教育体制>
  4. 新人看護職員教育

教育体制

新人看護職員教育

基本方針

看護は人の生涯にわたるヘルスプロモーションとして重要な社会的機能の一つである。
その職業人として第一歩を踏み出した新人看護職員が、臨床実践能力を習得するとともに、職業人として社会的責任や基本的態度を習得し、看 護職としてやりがいを感じ、将来にわたって働く意欲を持てることが重要である。
そのために「新人看護職員研修ガイドライン」改訂版に基づき、看護部だけでなく、豊肥地区・帰巖会全体で新人研修体制を整え、新人看護職 員及び指導者を支援し共に成長することを基本とする。

目標

1)社会人・看護職員としての基本姿勢と態度を習得する
2)看護実践に必要な基本的看護技術を習得する
3)包括ケアシステムを理解し、チームの一員としての役割を果たすことができる

 

新人教育組織図

新人教育組織図
 

年間研修スケジュール(集合教育)

当院 大分県看護協会 豊肥地区新人研修
4月1日
帰巖会全体オリエンテーション
・法人の理念 就業規則
・医療安全・感染対策など

4月2日
看護部オリエンテーション
・看護部目標 接遇 守秘義務
・教育体制

4月3日
・環境整備
・バイタルサインの取り方、患者観察
・トランスファー

4月4日
・標準予防策
・おむつ交換方法

4月16日
・点滴作成方法
・ルート確保の方法
・点滴管理
・防災について
4月17日
・気道内吸引
・採血 検体の取り扱い
・胃管カテーテルの確認方法
・導入

4月21日
・褥瘡予防 ポジショニング
・食事 栄養管理
8月 6日間
1日目
・看護の責任と役割
・看護記録の基礎
・看護職のメンタルヘルス

2日目
・創傷管理技術 褥瘡の予防
・感染予防技術

3日目
・安全に食べるための食事援助
・安全で安楽な移動、移乗介助技術

4日目
・安全確保の技術
・与薬の技術 輸液ポンプ・シリンジポンプの取り扱い

5日目
・フィジカルアセスメント 急変の兆候がわかる
・救命救急処置技術
4月
・誤嚥防止・口腔ケア・食事介助

5月
・トランスファー

6月
・BLS

9月
・透析患者の看護

10月
・人工呼吸器装着中の看護

2月
・交流会
 

新人教育 年間スケジュール(OJT)

  指導体制 目標
4月 指導者についてカルガモ形式(見学のみ) 前半
1.基本的な挨拶や声のかけ方がわかる
2.患者さんの環境整備ができる(配慮)
3.1日の流れが理解できる
4.物品の位置がわかる
5.1日のチェックリストの活用方法がわかる
6・不潔・清潔の理解と手洗いが実施できる
 (標準予防、廃棄物など)
指導者についてカルガモ形式で一緒にできるケア実施 後半
1.患者の観察方法が理解できる
2.PPEが実践できる(感染防御)
2.排泄ケア 保清を実施できる
3.与薬方法の理解と正しい与薬ができる
4.患者情報の取り方、記録の方法が理解できる
5月 夜勤の見学実施
指導者と新人で4人位を受け持つ
1.夜勤(目標)夜間の患者の様子や看護師の動きがわかる(夜勤の見学)
5月11日~2人 日常生活援助のある患者
5月18日~3人 与薬のある患者
5月25日~4人 点滴のある患者(1人)
1日の業務チェックリストを活用しながらもれなくできる
6月 夜勤1回 できるケアを手伝う
日勤:通常のペアに入る
日勤:指導者と3人ペアで実施
受け持ち2人と入院受け入れができる
検査科 薬剤科研修
1.夜勤(目標)夜間の患者の基本的なケアの重要性を理解する
(イブニングケア・モーニングケア・睡眠環境を整える・安楽の確保・夜間の観察ポイント等)
7月 夜勤1回(+1体制)
通常のペア体制にし、患者の幅を広げる
外来研修
夜勤の目標
1.夜勤(目標)夜間の患者の基本的なケアの重要性を理解する
(イブニングケア・モーニングケア・睡眠環境を整える・安楽の確保・夜間の観察ポイント等)
2.指導者の患者を共に受持ちケアと記録ができる

日勤の目標
1.できる看護技術を増やす

外来研修目標
1.外来患者の流れを理解する
2.救急患者の対応を学ぶ
8月 夜勤開始(+1体制1~2回)
通常のペア体制にし、患者の幅を広げる
夜勤の目標
1.指導者の患者を共に受持ちケアと記録ができる

日勤の目標
1.できる看護技術を増やしていく
指導者はそばで見守り、主体は新人がケア・記録できる
(夜勤の1人立ちの評価を行う)
9月 夜勤開始
看護技術チェックシートで6か月評価
1.ケアを実施し記録ができる(指導者は傍で見守り)
(夜勤の1人立ちの評価を行う)
10月 プリセプターと患者を受持つことができる
(プライマリNS)
1.助言を受けて患者の看護計画が立案できる
11月    
12月    
1月    
2月    
3月 3月に4月~1人で受持(プライマリNS)できるか評価  

奨学金支度制度

インターンシップ・病院見学

福利厚生

採用情報

採用情報特設サイト