1. 社会医療法人帰巖会>
  2. 看護部>
  3. 教育体制>
  4. 新人看護職員教育

教育体制

新人看護職員教育

基本方針

看護は人の生涯にわたるヘルスプロモーションとして重要な社会的機能の一つである。
その職業人として第一歩を踏み出した新人看護職員が、臨床実践能力を習得するとともに、職業人として社会的責任や基本的態度を習得し、看 護職としてやりがいを感じ、将来にわたって働く意欲を持てることが重要である。
そのために「新人看護職員研修ガイドライン」改訂版に基づき、看護部だけでなく、豊肥地区・帰巖会全体で新人研修体制を整え、新人看護職 員及び指導者を支援し共に成長することを基本とする。

目標

1)社会人・看護職員としての基本姿勢と態度を習得する
2)看護実践に必要な基本的看護技術を習得する
3)包括ケアシステムを理解し、チームの一員としての役割を果たすことができる

 

新人教育組織図

新人教育組織図
 

新人教育年間計画(2017)

月日 目標 Off-JT OJT 看護技術の項目 指導体制 振り返り
4月 1日目 帰巖会の理念や各部署の役割を理解し、組織の一員としての自覚を持つ 帰巖会全体オリ   計画表(別紙)   帰巖会の アンケート
2日目 看護部の理念・目標を理解し、看護職としての責任を自覚する 看護部オリ   計画表(別紙)
・看護部目標
・教育体制
・他部署の紹介
・電子カルテ
・医療安全
・感染他
  帰巖会の アンケート
3日目 ①1年間の研修計画を理解し、前向きに取り組む意欲を見せる
②新人指導者との良好な関係ができる
・新人指導計画の説明
・プリセプターとの顔合わせ
  ・年間計画表
・技術目標チェックリスト
・新人研修ファイル
部署の新人指導
担当者・プリセプター
日々の振り返りノート
  ①業務上の報告・相談・連絡ができる
②始めてのことやわからない事を先輩看護師に伝え確認できる
③個人情報を保護して、医療情報や記録物を取り扱うことができる
④患者のプライバシーに配慮できる
⑤毎日休まず出勤できる。
⑥体調が悪い時は自分から報告できる
⑦部署の特性、構造を知り、物品の場所がわかる
⑧部署の一日の流れがわかるv ⑨そのの看護技術を振り返り、次回は実践できる
看護協会 新人研修 ★病棟オリエンテーション・部署の特性・構造・病棟の日課・個人情報の取扱い
★日勤業務をプリセプターと一緒に行う新人係の4人の内1人は日勤に配置プリセプター間の連携ノートの活用
環境調整①②
清潔・衣生活援助①⑤⑥
症状・生体機能管理技術①②③⑤⑧
食事援助:配膳排泄援助①
活動休息①
感染予防技術①②④
与薬の技術①
苦痛の緩和①②
安全確保の技術①②③
初日の病棟オリは師長又は主任担当
その後プリセプターとマンツーマン
(受け持ち患者1名)
振り返りノート
5月 ①当院の医療安全管理体制を理解できる
②インシデントの事例の振り返りや報告ができる
③指導のもと看護診断に基づいて記録ができる(SOAP)
④患者を一個人として尊重し受容的共感的態度で接することができる
⑤患者を尊重した態度でコミュニケーションが取れる
⑥退室時の5つの言葉かけができる
⑦職場に慣れ部署内でコミュニケーションが取れる
⑧指導のもと患者のバイタルサインの観察ができる
看護協会新人研修
豊肥地区新人研修(静脈内注射)
新人は朝、指導を受けたい技術についてプリセプターと相談調整
プリセプター間の連携ノートの活用
清潔・衣生活ライン挿入患者①
臥床患者の②③
症状・生体機能管理技術⑥
食事援助技術②
排泄援助②④
活動休息②
感染予防技術⑤⑥
与薬の技術②⑦⑧
苦痛の緩和①②
安全確保の技術①②③
救命救急措置①:⑦
呼吸・循環①②
プリセプターと共にマンツーマン
(受持ち患者2~3名)
4・5月技術チェック1回目
看護部提出5月31日
6月 ①点滴の目的、注意事項を理解し準備・接続・点滴中の観察、ができる
②外来の業務及び救急患者の対応が指導を受けながらできる
看護協会新人研修
豊肥地区新人研修(誤嚥防止・口腔ケア)
新人係からペアの看護師の指導へ移行
新人は朝当日の指導を受けたい技術を前もって伝える
指導者用の伝達ノートを活用し、当日の指導や評価の参考にする
食事援助技術③
活動休息:術後患者の体位変換
呼吸循環③
与薬⑤
排泄③⑤
ペア3名体制で看護実践
外来研修2週間に1回外来研修を入れる
6・7月技術チェック2回目
看護部提出7月31日
7月 ①指導のもと薬剤を適切に受領、請求、保管ができる(毒薬・薬・麻薬・冷所保存)
②指導のもと血液製剤を適切に受領、保管できる
③指導のもと入院患者の情報収集ができる
④人工呼吸器管理ができる
豊肥地区新人研修(トランスファ) 清潔④
排泄③
与薬④⑥⑨⑩
呼吸④⑤⑥
症状・生体④⑦
8月 ①指導を受けながら受持ち患者の情報収集ができる。
②指導を受けながら受持ち患者の看護計画が立案できる
③指導を受けながら看護計画に基づいたケアが実践できる
④褥瘡予防ケアと創傷処置ができる
  受持ち患者の看護過程の展開 創傷管理①②
安全④
プリセプターと一緒に受持ち患者を持つ 8・9・10月技術チェック3回目
看護部提出10月31日
9月 ①入院時の諸手続きができる
②受持ち患者の看護を振り返りサマリーが作成できる
③指導のもと救急時の対応ができる
④複数の患者のケアの優先順位を考え対応できる
豊肥地区新人研修(BLS/AED) 受持ち患者の入院から退院までの一連の流れを経験する看護過程 救命救急②③④⑤ 感染③ プリセプターと一緒に受持ち患者を持つ
10月 ①指導のもと静脈内注射ができる
②指導のもと死後の処置(遺族への配慮)ができる
  静脈内注射の指導看護過程 活動休息④
与薬③
死亡時のケア①
プリセプターと一緒に受持ち患者を持つ
11月   豊肥地区新人研修(人工呼吸器) 看護過程 活動休息③⑤ プリセプターと一緒に受持ち患者を持つ 11・12
1・2・3月
技術チェック
4回目

看護部一旦提出
2月28日

最終提出
3月31日
12月 ①夜勤業務の流れがわかる
②指導のもと夜勤業務ができる
  4人夜勤5回以内
看護過程
救命⑤⑥ 夜勤導入プリセプターと
1月 ①新人看護師ガイドラインに基づき、自己の課題を明らかにし意図的に習得できる
②決められた業務が時間内にできるよう調整できる
豊肥地区新人研修(透析看護) 夜勤の3人の看護師の業務を経験する
看護過程
呼吸⑤⑥ 3人夜勤新人が主体に受持ちを持ちプリセプターがフォロー
2月 ①夜勤の外回り業務ができる ②災害訓練に参加し災害時に先輩看護師の指示の下行動できる 看護協会新人研修(最終) 夜勤の3人の看護師の業務を経験する
申送りができる
新人の受け持ち患者は必ずカンファにかける
呼吸⑤⑥ 3人夜勤 新人が主体に受持ちを持ちプリセプターがフォロー
3月 ①指導を受けながら夜勤の部屋持ちができる
②自己を振り返り課題が明確にできる
  夜勤部屋持ち   受持ち事例をまとめ部署で発表する

奨学金支度制度

インターンシップ・病院見学

福利厚生

採用情報