教育体制

看護補助者研修

目的

看護補助者が看護チームの一員として、安全で適切に業務を遂行するために必要な知識や技術を習得できる。

研修内容

1)医療に関する知識
  ・医療制度の概要
  ・各医療機関の機能と役割
  ・看護補助者が働く場に関する事項について
  ・医療に関する用語

2)基本姿勢と態度
  別紙チェックリスト参照

3)業務遂行に必要な知識・技術
  別紙チェックリスト参照
  ・医療安全
  ・感染症に対する標準予防策

 

研修方法

集合教育・OJT・院外研修

入職時の教育体制

1)医療に関する知識       看護部担当
2)基本姿勢と態度        看護部担当
3)業務遂行に必要な知識・技術  部署担当

継続教育

1)定期研修(内容は主に医療に関する知識や基本姿勢)
  年1回の集合研修
2)看護助手の面接を通して個別指導
3)介護ミーティングを通して知識・技術の習得と標準的ケア
  の習得
4)院外研修の参加

奨学金支度制度

インターンシップ・病院見学

福利厚生

採用情報