1. HOME>
  2. 帰巖会みえ病院>
  3. 病院情報の公表

帰巖会

病院情報の公表

令和2年度病院指標

 
  1. 1.年齢階級別退院患者数
  2. 2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 4.成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 5.脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. 7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 5 14 17 18 36 118 291 492 256
令和2年度(令和2年4月1日から令和3年3月31日まで)退院患者の入院時年齢で、10歳刻みの年齢階級別に集計しています。70歳以上の患者さんが全体の83%を占めており、また、90.歳以上の患者さんも全体の21%を占めています。
当院は健康診断から在宅医療まで行い、地域に貢献し、より良質な医療サービスの構築と提供を行うように努めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置2なし 10 33.20 20.51 10% 87.40
01021xxxxx0xxx 認知症 手術・処置等1なし 16.38
060380xxxxx00x ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 15.53
10007xxxxxx1xx 2型糖尿病(糖尿病ケトアシドーシスを除く。)手術・処置等2なし 11.26
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 13.00
内科で多い疾患は、誤嚥性肺炎、認知症、腸炎です。誤嚥性肺炎は、嚥下機能が低下した高齢者や神経疾患などで寝たきりの患者さんに発生します。嚥下機能が低下すると唾液や食べ物が口から食道ではなく気管に細菌と共に流れ込み、肺炎を発症します。高齢者や寝たきりの患者さんは、慢性的に肺炎を繰り返し発症する場合があるため、栄養状態や嚥下状態の把握、口腔内の清潔保持が大切です。
当院では、多職種による栄養治療計画立案と実施、嚥下の評価と訓練を行い、肺炎・誤嚥性肺炎の重症化を防ぐように努めています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 16 2.50 2.66 0% 74.44
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 13 35.92 13.00 0% 77.31
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 12 16.67 9.53 8% 86.17
110280xx9900xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性肺炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 12 29.75 11.04 25% 77.83
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。)手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 11 15.45 11.63 0% 75.18
消化器内科で多い疾患は、大腸ポリープ切除、尿路感染症・腎盂腎炎、胆管炎です。胆石・胆管炎で入院する患者さんは、平均年齢が86歳と高齢となっているため、平均在院日数が全国平均よりも長くなっています。当院では外科にて腹腔鏡を使用した胆嚢摘出術を行っているため、胆石・胆管炎の治療から胆嚢摘出の手術までをスムーズに行えるように努めています。
尿路感染症・腎盂腎炎の患者さんは、平均年齢が77歳です。高齢になると尿路感染症・腎盂腎炎が再発・再燃を繰り返すことで難治性となる上に慢性化するなど、自覚症状が少なく気づかない間に腎機能が低下してしまうことがあります。そのため、入院治療が必要になる場合には、在院日数が長期化する傾向にあります。当院では、非常勤の腎臓内科医師と泌尿器科医師による外来診療を行っており、入院中から退院後のフォローアップまでを行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 32 25.16 17.23 3% 87.34
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1_1あり 手術・処置等2なし 23 2.78 3.07 0% 73.87
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 4.94
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 20.51
050070xx9900xx 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 7.09
循環器内科で多い疾患は、心不全や狭心症、めまいです。2019年2月に血管造影検査室が完成し、心臓カテーテル検査や下肢の血管造影などができるようになりました。2020年4月より常勤の循環器医師が増員され、緊急での心臓カテーテル検査や経皮的冠動脈ステント留置術、経皮的冠動脈形成術等の治療も可能となりました。定期的な外来診療からカテーテルによる診断および治療、そして治療後に必要とされる継続的なフォローアップまでを当院で行っています。心臓カテーテル検査は、平均在院日数が短い傾向にあり、また、症例数は徐々に増加傾向にあります。
心不全の在院日数が全国の平均在院日数より長くなっているのは、高齢の患者さんが多く、合併症を起こしやすいためです。平均年齢は87歳と高齢で、入退院を繰り返す傾向にありますが、入院中に多職種協働で栄養状態からADL低下予防までサポートしています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 22 2.32 2.66 0% 68.36
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 16 9.31 9.08 13% 93.13
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 13 7.69 4.86 0% 69.23
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 12 10 6.41 0% 70.08
060130xx9900xx 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 7.71
外科で多い疾患は、大腸ポリープ切除と腸閉塞、鼠径ヘルニアです。大腸ポリープ切除は、常勤の消化器内視鏡専門医2名、常勤の消化器内視鏡指導医1名、非常勤の消化器内視鏡医2名で実施しています。大腸ポリープは、切除後に経過観察のために入院し翌日に退院される患者さんが多く、在院日数が2日となっています。
腸閉塞は保存的療法を行いますが、重症であれば手術を含めた治療目的で高度医療機関へ紹介することがあることから、転院率が高くなっています。
外科では胆嚢疾患で手術される患者さんも増加傾向にあります。胆管内の結石は放置しておくと胆管の出口に詰まって胆管炎を生じ、重症化することがあるので注意が必要です。そのため、当院では消化器内科医師と外科医師が連携し、内視鏡的な治療、外科的な治療を行い、重症化を防ぐように努めています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)手術なし 手術・処置等 11 79.18 18.86 0% 78.82
010070xx9900xx 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 8.51
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 7.48
010060x0990000 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 発症前Rankin Scale3、4又は5) 8.60
010060x0990201 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2_2あり 定義副傷病なし 発症前Rankin Scale0、1又は2) 15.66
脳神経外科で多い疾患は、脳出血や脳梗塞です。当院では健診予防医学センターで脳ドックを実施しており、脳血管疾患や脳腫瘍など、また、それらの原因となる病気を早期発見するように努めています。
当院の平均在院日数が全国の平均在院日数より長期化している理由は回復期リハビリテーション病棟があるためです。回復期リハビリテーション病棟では、急性期治療後の患者さんを積極的に受け入れ、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による集中的なリハビリテーションを実施しています。併せて、患者さんの状況に応じた退院後の生活を視野に入れ、栄養や排泄・排尿、そして集団的なリハビリテーションの3つの取り組みも行っています。また、自宅に赴いて実際の動作を確認し、自宅での疾患別リハビリテーションや退院後の訪問を行うことで、患者さんが安心して自宅や社会で退院後も過ごせるように努めています。 退院後は外来での定期的な画像検査や経過観察などフォローアップを行い、再発防止に努めています。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1_1あり 手術・処置等2なし 10 2.6 3.07 0% 75.6
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 20.51
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 12.09
010290xxxxxxxx 自律神経系の障害 5.47
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 10.56
救急科で多い疾患は、狭心症、誤嚥性肺炎、心筋梗塞、めまいです。2020年4月に救急科医師が着任し、救急科を新設しました。救急科では、救急搬送される患者さんや緊急で当院を受診される患者さんに対応しています。そのため、心筋梗塞や誤嚥性肺炎、めまいなどをはじめ、病気やけがなどの種類や治療の経過によって他の診療科と十分な連携を図って治療を行っています。
緊急での心臓カテーテル検査や治療も行えるようになり、治療後のフォローアップ目的の定期的な心臓カテーテル検査も行っています。
さらに地域の災害を視野に入れ、救急医療と災害医療について病院全体で訓練を含めた取組を行っています。
血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 11.55 8.15 27% 67.36
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 2.74
050170xx03001x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病あり 10.03
050170xx99001x 閉塞性動脈疾患 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病あり 17.8
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 17.23
血管外科で多い疾患は、人工透析シャントの閉塞や造設、下肢静脈瘤、閉塞性動脈硬化症です。2020年10月より血管外科の医師が常勤として着任し、外来診療から手術まで積極的に行っています。血管外科は、血管を扱う診療科で、手術を含めた血管の病気に対する治療を行います。
閉塞性動脈硬化症は、足の血管がつまることで、足の冷感・しびれ・歩行時の痛みが生じたり、傷ができると、それが原因で足が壊疽を起こしてしまうことがあります。そのため、血管外科では、フットケア外来を行い、血管の病気の早期発見、早期治療に努め、重症化の予防に取り組んでいます。
腎臓内科外来で経過観察中に人工透析導入が必要となる患者さんや、既に導入済みでシャント閉塞が判明した患者さんには、腎臓内科医師と血管外科医師が連携し、速やかに治療を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷 手術なし 53 65.00 18.81 4% 83.19
160800xx99xxxx 股関節・大腿近位の骨折 手術なし 28 52.68 15.20 11% 84.5
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2なし 23 75.22 19.06 4% 85.52
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 25.09
160820xx99xxxx 膝関節周辺の骨折・脱臼 手術なし 18.7
整形外科で多い疾患は、胸椎・腰椎圧迫骨折、大腿骨骨折、骨盤骨折です。整形外科ではどの疾患も平均年齢が80歳以上と高齢者が多く、転倒で骨折するだけでなく、骨粗鬆症が原因で圧迫骨折を生じる患者さんが多くなっています。ADLが低下しないように、状態に応じて早期よりリハビリテーションを行っています。また、骨粗鬆症の治療、骨密度測定による定期的な評価を行い、骨折を繰り返さないように努めています。整形外科では、どの疾患も平均在院日数が全国の平均在院日数より長くなっています。状態安定後に、退院に向けて更にリハビリテーションを継続して行う必要がある患者さんは、回復期リハビリテーション病棟等へ転棟し、より高い機能の回復を目指すためです。
当院では、整形外科医師の退職により常勤の整形外科医師が不在となりましたが、整形外科以外の診療科の医師が主治医となり、非常勤の整形外科医師と連携の元、入院から退院、退院後のフォローアップまで行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌
大腸癌
乳癌
肺癌
肝癌
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院には健診予防医学センターがあり、健診での病気の早期発見に加え、二次健診での癌の早期発見に努めています。早期胃癌に対しては、当院で内視鏡的粘膜下層はく離術(早期がんへの内視鏡治療)が行えるようになっています。開腹手術に比べて短期間の入院日数で、患者さんへの負担も軽い治療です。治療後の定期的な内視鏡検査のフォローも行っています。急性期治療を行った高度医療機関への通院が困難な患者さんは、当院外来や訪問診察での経過観察も行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽傷
中等症 47 27.72 85.77
重症
超重症
不明 0 0 0
市中肺炎の重症度別患者数の集計です。市中肺炎とは、普段の社会生活を送っている中で罹患した肺炎のことです。重症度の振り分けは、「男性70歳以上、女性75歳以上」、「血液検査結果または脱水あり」、「酸素濃度」、「意識障害あり」、「血圧」により行っています。
重症度別では、中等度の患者さんが多くなっています。2019年に比べると少しずつ重症・超重症の患者さんの入院も見られるようになりました。当院では、非常勤の呼吸器内科医師が外来診療を行っており、入院中であっても診察を受けることができ、状態に応じた治療を行えるように努めています。
脳梗塞の患者数等
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 22 56.73 86.09 6%
その他 25 59.56 8.52 4%
脳梗塞の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示し、さらに発症日から3日以内かどうかで分けています。
脳梗塞の平均在院日数が長くなっているのは、急性期病棟での治療後にリハビリテーションを継続して行うために回復期リハビリテーション病棟へ転棟するからです。
退院後も外来での定期的な経過観察を行い、脳梗塞の再発防止、早期発見に努めています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 15 2.27 2.6 8% 75.33
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う)
K654 内視鏡的消化管止血術
K688 内視鏡的胆道ステント留置術
K616-41 経皮的シャント拡張術・血栓除去術
消化器内科で多い手術は、大腸ポリープ切除です。常勤の消化器内科医師による内視鏡を使用した早期がんの治療や日帰りポリープ切除など充実した内視鏡検査・治療を行っています。 胆石や胆のう炎の患者さんが増えており、ERCP(内視鏡的逆行性膵胆管造影)や侵襲的な消化器治療も増えてきています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ粘膜切除術(長径2cm未満) 18 0.44 0.83 0% 73.22
K6335 鼡径ヘルニア手術 13 0.77 5.92 0% 69.23
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 12 1.08 7.92 0% 70.08
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術) 11 19.09 90 9% 86.45
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)
外科で多い手術は、大腸ポリープ切除、鼠径ヘルニア根治術、胆嚢摘出術、胃瘻造設術です。大腸ポリープ切除は、切除した当日に入院となり、翌日には退院となるため、平均術前・術後日数が1日未満となっています。
鼠径ヘルニアや胆嚢摘出は、手術目的で院内外から紹介される患者さんも増えています。鼠径ヘルニア手術は、入院当日に行うことが多いため、平均術前日数が1日未満、胆嚢摘出術は、入院翌日に行うことが多いため、平均術前日数が1日となっています。
また、胃瘻造設術は、誤嚥性肺炎など他の疾患で入院中に経口から食事摂取困難となり胃瘻造設を行うことが多く、術後もリハビリテーションや他の疾患の治療のため入院継続することが多いため、平均術前・術後日数が長くなっています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他)
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他)
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極)
K596 体外ペースメーキング術
K5462 経皮的冠動脈形成術(不安定狭心症)
循環器内科で多い手術は、経皮的冠動脈ステント留置術、経皮的冠動脈形成術、ペースメーカー移植術です。循環器内科の常勤医師が増え、当院ではカテーテル検査だけでなく、カテーテルによる治療も可能となりました。また、救急搬送された患者さんや症状があって直接来院された患者さん、他の病気で入院中に症状が出現、検査で異常が認められた患者さんに対する緊急カテーテル検査・治療も可能になりました。
検査・治療後も外来で定期的にフォローアップを行い、患者さんが不安にならずに安心して日常生活を送れるように努めています。
血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純)
K6147 血管移植術・バイパス移植術(その他の動脈)
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術
血管外科で多い手術は、内シャント造設術、血管移植術・バイパス移植術、四肢の血管拡張術・血栓除去術、下肢静脈血管内焼灼術です。
血管外科は当院で2020年10月に初めて誕生した診療科です。足に関する悩みや不安が実は血管が原因の可能性があることを知っていただけるように取り組みを進めており、徐々に受診に関する問い合わせや手術に関する相談などが増えてきています。
体のすみずみに行きわたった血液が、心臓に戻る血管を静脈といいます。足の静脈が太くなって瘤(こぶ)状に浮き出て見えるようになった状態が下肢静脈瘤です。下肢静脈血管内焼灼術は、入院当日に手術を行い、翌日には退院される患者さんがほとんどです。
術後の不安を解消するために、術後の生活について丁寧に説明を行い、術後も外来でフォローアップしています。。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿)
K047-2 難治性骨折超音波治療法
K0811 人工骨頭挿入術(股)
K093 手根管開放手術
整形外科で多い手術は、大腿の骨折観血的手術や難治性骨折超音波治療法です。当院では、退職により常勤の整形外科医師が不在となっています。そのため、他の診療科の常勤医師が主治医となり、毎日、外来診療を行っている非常勤の整形外科医師と連携しながら、入院中の患者さんの診療を行っています。
このようにして、他院で手術を行った患者さんのリハビリテーション目的の入院も積極的に受け入れています。入院後に、患者さんが安心してリハビリテーションを行えるように主治医やリハビリスタッフが入院前より受け入れ準備を整え、多職種と協力して入院から退院、退院後の生活までをフォローできるように努めています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
180010 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180035 敗血症 同一
異なる
180040 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
当院では症例数が少ないため、すべてハイフン表示となっていますが、敗血症は年間数例の受入対応をしています。敗血症は、細菌、ウィルスなどの病原体が血液中に入り込み、臓器障害など重篤な全身状態を引き起こします。当院は、診療科の枠を超えて医師が連携し、早期発見、早期治療によりさらなる重篤化を防ぐように努めています。
更新履歴
2021/10/01
公開