1. HOME>
  2. 帰巖会みえ病院>
  3. 病院情報の公表

帰巖会

病院情報の公表

平成28年度病院指標

 
  1. 1.年齢階級別退院患者数
  2. 2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 4.成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 5.脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. 7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 14 17 19 30 42 148 224 457 191
対象期間:平成28年4月1日~平成29年3月31日
集計方法:退院患者の入院時年齢に基づいた年齢階級別件数が10件未満のものは「‐」で表示
特徴:80歳以上が全体の56.7%を占めており、90歳以上が昨年度よりも増加しています。
若年層(10歳~39歳)の患者も増加傾向にあり、疾患としては肺炎や腸炎が多くみられます。
当院は、豊肥圏域における質の高い医療の提供を目指しつつ、地域への貢献を実現するため幅広い年齢層の患者を積極的に受け入れています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし A-DROP スコア1 24 15.92 13.6 0% 84.38
0400800499x00x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 22 17 18.68 0% 87.32
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 19 17.68 17.95 0% 88
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 17 12.82 12.43 0% 83.24
0400801299x000 肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし A-DROP スコア0 12 9.25 8.31 0% 40.5
内科で多い疾患は肺炎、心不全、腎臓または尿路の感染症で、その平均年齢は80歳以上です。
肺炎は年間を通して様々な年齢層でみられるようになりました。比較的軽度の肺炎は平均年齢40.5歳と若い年代に多くみられます。早期発見・早期治療に努め、重症化を防いでいます。
高齢者の肺炎は重症化することが多く、長期間続くと心身の機能低下を引き起こすことがあるため、機能回復・維持のためのリハビリにも力を入れています。
また循環器内科常勤医師が平成29年4月より着任し、心不全をはじめ心疾患の診断と治療が更に充実して行えるようになりました。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 19 14.84 17.95 0% 87.42
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 15 14.4 12.43 0% 81.87
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 11 24 21.25 18.19% 85.55
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 5.5
0400800499x00x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 18.68
消化器内科で多い疾患は上記の内科疾患に加え、誤嚥性肺炎や胃腸炎です。
誤嚥性肺炎は、嚥下機能障害のため唾液や食物などと一緒に細菌を誤って吸引することにより発症します。誤嚥性肺炎の転院率が高くなっている理由は、ほかの疾患の治療も同時に行える他院へ紹介したり、自宅近くの病院へ転院したためです。
内科疾患全般に加え、消化管疾患や肝臓病に関しても積極的に治療を行っており、肝炎や胆管炎・胆嚢炎などの診断、治療を行っています。内視鏡検査はもとより、診断を行うための肝生検も行っています。
退院後も患者さんが安心して在宅生活をおくれるように状態・状況に応じて訪問診療や外来での継続診療を行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 11 4.91 5.5 0% 57.82
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 6.82
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 7.2
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 9.08
060335xx99x00x 胆嚢水腫,胆嚢炎等 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 11
外科で多い疾患は、胃腸炎、胆嚢結石、結腸の悪性腫瘍、イレウス(腸閉塞)、急性胆嚢炎です。消化器・大腸肛門外科を中心とした一般外科で、各種内視鏡や手術による治療を行っています。鼠径ヘルニアや虫垂炎の手術も行っており、症例も増えています。
悪性疾患の治療については、状態に合わせて外来または入院で行い、必要とあれば在宅での治療にも対応しています。また、当院では健診事業も行っているため、悪性疾患の早期発見にも努めています。
その他に、憩室炎や潰瘍、褥瘡、蜂窩織炎の患者さんも多くなっています。
他の医療機関や院内の他の診療科医師と連携を図り、外科的治療を必要とする患者さんを積極的に受け入れています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 処置2なし 13 5.62 6.38 15.38 78.15
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 7.52
010230xx99x00x てんかん 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 7.12
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 19.35
010060x2990211 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内,かつ,JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2_2あり 定義副傷病1あり 発症前Rankin Scale 0,1又は2 19.4
脳神経外科では、一過性脳虚血発作や硬膜下血腫、てんかん、脳梗塞などの脳血管疾患、末梢神経疾患などが多くみられます。
一過性脳虚血発作とは、脳の血液の流れが一時的に悪くなり、運動麻痺や感覚障害などの症状があらわれる疾患です。
通常数分から24時間以内で症状は消失しますが、脳梗塞の前触れの疾患であるため、入院で経過観察を行ったのち、退院後も定期的に外来で診察を継続しています。
当院の回復期リハビリテーション病棟では、脳梗塞などの脳血管疾患について、他院治療後に当院でのリハビリテーションを希望される患者さんの転院も積極的に受け入れています。
退院後は外来でリハビリテーションを継続しながら、定期的な診療を行い、再発防止、日常生活機能向上に努めています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 定義副傷病なし 51 47.29 20.57 7.84% 80.18
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 27 75.7 27.63 7.41% 83.96
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 定義副傷病なし 11 38.55 15.97 36.36% 86.18
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 処置2なし 20.45
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 5.49
整形外科では、胸椎・腰椎の圧迫骨折が最も多く、ついで大腿骨骨折、骨盤骨折、前腕の骨折などが多くなっています。平均年齢80歳以上の高齢者の骨折が多くみられます。
高齢者の骨折の背景には、骨粗鬆症や筋力低下に伴う転倒があげられます。当院では、骨粗鬆症の治療も行っており、定期的に骨粗鬆症の評価(骨密度の測定)をしながら診療を継続しています。
平均在院日数が長期化している理由は、日常生活の向上と社会復帰を目指すリハビリテーションを目的に急性期病棟から回復期リハビリテーション病棟へ転棟したのちの回復期病棟の在院日数50日を含むためです。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 6
大腸癌 12 1 6
乳癌 1 6
肺癌 1 6
肝癌 1 6
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
「5大癌については、癌の進行度を判定する基準として国際的に活用されているUICC(国際対がん連合)に基づいて集計しています。
当院では、癌の症例が増えてきており、なかでも胃癌・大腸癌が多くなっています。平成27年からマンモグラフィ検査を導入し、乳癌の早期発見にも努めています。
癌の予防から早期発見、診断、治療のため、健診事業と連携を図っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 18 11.6 43.9
重症度 1 36 15.3 83.1
重症度 2 7 16.6 85.1
重症度 3 7 35.7 80.1
重症度 4 1 10 90
重症度 5 0 0 0
不明 0 0 0
市中肺炎とは、普段の社会生活を送っている中で罹患した肺炎のことです。ガイドラインによる5項目(①年齢と性別②尿素窒素の値または脱水症状の有無③酸素濃度④意識障害⑤血圧)に基づいて重症度の振り分けを行っています。
比較的軽症の場合は平均年齢が43.9歳と若いですが、中等度以上になると高齢者が多くなっています。
幅広い年代でみられる肺炎ですが、高齢者は重症化しやすいため、医師・看護師をはじめ多職種間で連携を図りながら、重症化を防いでいます。
脳梗塞のICD10別患者数等
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 13 5.62 78.15 15.38%
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 23 49.4 82.4 8.70%
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
脳梗塞の場合、早期発見、早期治療開始が重要です。発症3日以内で受診または救急搬送されるケースが多くを占めています。
「一過性脳虚血発作及び関連症候群」の転院率には、緊急で高度な治療を要するため、高度医療機関もしくは脳神経外科専門病院へ紹介したことが影響しています。
脳神経外科の常勤医が着任以来、健診事業と連携し、生活習慣予防健診などに加え脳ドックも行っています。脳梗塞の予防、早期発見、治療、定期的なフォローアップまで、総合的に質の高い医療を地域住民に提供できるように努めています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 18 4 3.33 0% 76.28
K688 内視鏡的胆道ステント留置術
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術
K691-2 経皮的肝膿瘍ドレナージ術
K708-3 内視鏡的膵管ステント留置術
消化器内科で多い手術は、大腸ポリープ切除術です。大腸カメラは、外科医師・消化器内科医師により月曜から金曜まで行っており、そのため両診療科において大腸ポリープ切除術が一番多い手術となっています。大腸ポリープ切除では、切除後1泊入院で経過観察を行っています。外科と比較し、消化器内科の術前・術後日数が増えているのは、別疾患の治療に時間を要した症例がみられたためです。
当院では透析センターがあり、シャント造設から透析導入、シャント閉塞時の経皮的シャント拡張術・血栓除去術まで、総合的な治療を行っています。
その他に急性胆嚢炎・総胆管結石性胆管炎に対する内視鏡的胆道ステント留置術が増えてきており、肝のう胞に対する経皮的肝膿瘍ドレナージ術、膵疾患に対する内視鏡的膵管ステント留置術も行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 34 0.76 1.06 2.94% 69.94
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 23 27.35 26.35 13.04% 82.26
K6335 鼠径ヘルニア手術 22 0.14 4.55 0% 71.91
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 11 2.18 8.09 0% 63.27
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)
胃瘻造設は、内視鏡を使って直接胃に栄養を入れられるようにする方法です。口から食事が摂れなくなったり、食べてもムセて誤嚥性肺炎を繰り返したりする方に、胃瘻を造ることで長期栄養管理が可能となります。胃瘻造設術を施行する入院には、他疾患で治療中に口からの食事摂取が困難になり行う場合と胃瘻造設目的で入院する場合があり、術前・術後在院日数にばらつきがみられます。
鼠径ヘルニアの手術は入院当日に行うことが多いため、術前日数が0.14日となっており、術後数日での退院が多くみられます。胆嚢結石に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術や急性虫垂炎に対する腹腔鏡下虫垂切除術の症例も増えています。
前述のように大腸ポリープ切除術では切除後に1泊入院で経過観察を行うため、平均術前日数は0.76日、術後日数は1.06日となっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 24 3.04 68.33 8.33% 84.54
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 10 1.5 31 0% 71.1
K0811 人工骨頭挿入術(股)
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕・下腿・足)
K0452 骨折経皮的鋼線刺入固定術(前腕・指)
整形外科では、大腿骨・上腕骨折に対する手術が最も多く、ついで下腿・前腕骨折に対する手術が多くなっています。骨折の手術は外来受診時に診断され手術予定を組むため、平均術前日数が比較的短くなっています。
大腿や下腿の骨折の場合、回復期病棟でのリハビリテーションが在院日数に含まれるため平均術後日数が長くなっています。大腿や下腿の骨折術後はリハビリテーションが重要となるため、回復期病棟で集中的に実施しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
敗血症は年間数例の症例があります。敗血症とは、細菌やウィルスなどの病原体が血液中に入り込み、臓器障害など重篤な全身状態を引き起こすものです。
診療科の枠を超えて医師が連携し、早期発見、早期治療によりさらなる重篤化を防ぐように努めています。
更新履歴
2017/10/16
公開