1. HOME>
  2. 帰巖会>
  3. 理念・概要・沿革

帰巖会

理念

医療、保健、福祉の良質かつ、包括的なサービスを提供し、地域住民のニーズに応え、
地域の医療資源、社会資源と連携し、地域の健康づくりに貢献する。

概要

積極的に地域に出向いて医療活動(訪問診療・訪問看護)を展開し、更に圏域内にある看護・リハビリテーション・医療介護学生及びインターンシップの研修の場として施設を開放するなど、地域に開かれた病院です。

沿革

明治18年 岡本醫院開設
昭和25年 岡本病院開設
昭和39年 医療法人 帰巖会に改組する
平成 5年 病床数70床 介護老人保健施設48床
平成 8年 特定医療法人認可
平成11年 特別医療法人認可
平成15年 大野圏域地域リハビリテーション広域支援センター指定
平成19年 新理事長 輪田順一、新院長 松尾則義 就任
平成19年 回復期リハビリテーション病棟開設(25床)
平成20年 救急告示病院
平成23年 新築移転 名称を「帰巌会みえ病院」に変更
平成25年 新理事長 松尾則義、新院長 松山幸弘 就任
平成27年 社会医療法人認可
平成28年 直耕団 吉野診療所 開設